取り組み
「現場づくりの日本建機サービス販売」をささえる3つの柱


1.安全を提供致します。
安全確保のためには普段の社員教育が重要です。当社では以下の会議、研修、ミーティングを定期的に設けるほか、必要に応じて外部経営コンサルタントによる研修を実施し、全社員のレベルアップを図っております。
  • 月1回本社にて行われる「営業会議」および「管理者研修」
  • 3カ月に1回の外部経営コンサルタントによる「営業マン研修」
  • 月1回各営業所にて行われる社員と協力業者による「マナー&セーフティ会(MS会)」
  • 6カ月に1回行われる札幌地区営業所の合同「マナー&セーフティ会(MS会)」
  • 年1回本社で開催される外部講師を招いての「安全大会」
※「MS会」とは施行や安全確保のための留意点やマナーについてのミーティングを指します。

2.安心を提供致します。
安心は、それにかけた準備の度合いに比例します。当社では品質管理向上に日々全力で取り組んでおります。
  • 建設機械は自社工場の専門資格を持った整備技術者が入念な整備、点検の後にお客様に出庫いたします。ご使用中の故障にも迅速・確実な対応をとる、安心第一のシステムです。
  • 足場施行においても、定期的に行われる「MS会」「安全大会」をはじめ、日々の協力業者との打合せを通し、常に施行技術と顧客マナーの向上に努め、お客様に一層信頼される「現場づくり」を目指しております。
3.効率化を提供致します。
効率化は、お客様に対し、よりリーズナブルなサービスを提供するための企業努力です。当社はお客様に効率化に裏打ちされた、最高のコストパフォーマンスをご提供いたします。
  • 全道の拠点都市に営業所を設けることでネットワークを生かしたサービスの提供が可能です。
  • 建設機械と足場施行をセットで営業し、お客様のニーズに一度にお応えできる体制を取っております。
  • 大手商社と提携し、その豊富な商品アイテムからご希望のアイテムを迅速にお届けできるシステムを構築いたしました。